エステ機器~ラジオ波の電波法申請について

電波法申請

痩身エステではよく耳にすることも多い「ラジオ波」ですが、そもそもラジオ波は電磁波の一種であり、体に当てることによって痩身効果が期待できると言われています。

ただ電磁波を体に当てるということで何か副作用などは発症されないのか、国はラジオ波についてきちんと規制しているのか、気になっている方も多いでしょう。

今回はそんなエステ機器でも採用されているラジオ波についてご紹介していきます。

そもそもラジオ波とは?

安全性を確かめる前に、まずはラジオ波の特性を知っておくことも大切です。
ラジオ波とは、無線周波数の一つで0.03MHz~300MHzの周波数を指しています。

日本の電波法で定義されているものの一つでもあり、非電離放射線(物質を構成することのできる原子を電離させられない電磁波)に分類されます。
エステ機器以外にも例えば短波・中波ラジオ、FMラジオといった電波から、テレビ、消防無線などは大体0.03MHz~300MHzです。

ちなみに紫外線やX線、γ線などは電離放射線に含まれており、高い周波数を示しています。


電離放射線はエネルギーが非常に強く、物質を構成しているものの分子や原子を勝手に剥ぎ取ってしまう電離作用を示します。

長時間電離放射線を浴びてしまうと遺伝子が傷つけられてしまい、そのダメージが蓄積されてしまうことでがんを発症する可能性が高くなってしまうのです。

一方で非電離放射線は周波数も低く電離作用が働かないため、活用の場が多くみられます

エステ機器で活用されるラジオ波の効果

様々なものに活用されているラジオ波ですが、エステ機器で活用されているラジオ波はなぜ痩身効果をもたらしてくれるのでしょうか?

ラジオ波の刺激作用

人の体は電波を受けると誘導電流が生じると言われています。

この誘導電流は身体的に何か悪影響を及ぼすというわけではなく、導体に触れると接触電流を流します。
この電流は周波数によっても大きく変わってくるのですが、電流の大きさがある一定の量を超えてくると、神経や筋肉に影響を与え血流の変化が引き起こると言われているのです。

これを「刺激作用」と呼んでいるのですが、ラジオ波を取り入れたエステ機器は刺激作用によって血流を促進させて老廃物の除去を促したり、新陳代謝・基礎代謝をアップさせてダイエットだけではなく美容効果も引き出せるようになっています。

 

ラジオ波の熱作用

ラジオ波が人体に当たると、その一部が体の中に吸収されて熱エネルギーとなります。

なぜ熱を発生させるのかというと、体内にある分子を振動させて分子同士が摩擦を引き起こすことによって摩擦熱が発生し、生体発熱作用につながるのです。

強い電波を受けた場合は熱エネルギーの量も増えていき、体温上昇を引き起こします。

これを「熱作用」と呼び、この作用は大体100kHz以上から引き起こるものと言われています。
ラジオ波によって分子同士が振動し摩擦によって熱を発生させると、体内の脂肪にも同じことが起き、熱を発生させます。
この効果により脂肪燃焼効果へとつながっていくのです。

エステ機器からラジオ波を出力する様式

ラジオ波が導入されているエステ機器は、それぞれ「モノポーラ式」、「バイポーラ式」、「マルチポーラ式」という異なる様式が採用されています。
それぞれの仕組みを見てみましょう。

モノポーラ式

モノポーラ式は1つの電極から対極板に向かって周波数を発生させる様式です。
1つの電極から周波数が発せられ、体の下に用意してある電極に向かって周波数が届けられます。

1つの電極というと効果が薄いのでは?と考えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には対極板に向かってまっすぐ周波数が伸びるので、体の奥までしっかりと周波数を届けることができる様式となっています。

比較的強い力を示すため、クリニックでも導入されている方法です。

体の奥までしっかりと熱を引き起こすということは、内部から効率的に温められるので脂肪燃焼にも期待できるでしょう。
モノポーラ式のエステ機器を利用すると、3~6時間程度はポカポカとした状態が続きます

体の深部が温まることで脂肪燃焼以外にも老廃物の排除や免疫力の向上、活性酸素の除去、腸の活性化による便通の改善、疲労回復効果など様々な効果が期待できます。

バイポーラ式

バイポーラ式は電極が2つ設けられていて、+から-に向かって周波数を発生させることができます。

あくまでも電極間でのやり取りになってしまうため、どうしても体に当てていても皮膚の浅い部分までしか周波数の効果を得ることができません

ただ、モノポーラ式に比べると広範囲での施術が可能であり、広く浅く周波数を届けるのには適していると言えるでしょう。
しかし、ラジオ波のエステ機器にはバイポーラ式が採用されているものも少ないです。

マルチポーラ式

マルチポーラ式とは電極が3個以上ある設けられている様式です。
電極が3個以上用意されていると、それぞれの+から-に向かって周波数が送られていきます。

バイポーラ式と似ていますが、いくつも電極のセットがあることによって体内の浅い部分はもちろん、深いところまでカバーできるようになっています。
つまり、広く深く周波数を届けるのに最適なのです。

ただ、やはりモノポーラ式に比べると熱量は落ちてしまいます
そのため、ボディよりも顔のたるみや引き締めなどに活用されることが多いです。

エステ機器が電波法を犯しているという噂は本当か?

これまでエステ機器は効果・効能に関する広告の取締や、光脱毛やケミカルピーリングなどの施術で違法となっているものへの取り締まりが主に行われてきました。

しかし、ある噂としてラジオ波のエステ機器が電波法を犯しており、ラジオ波のエステ機器が取り締まりの対象になるのではないかというものが流れているそうです。

この噂は本当なのでしょうか?

電波法とは?

そもそも電波法とは、昭和25年より施行された法律で、主に電波の使用や無線局の設置、無線局を利用するための資格、高周波を利用した機器・設備の設置についてを規制する役割を果たしています。

電波法によって日本の電波や通信が正しく規制されています

電波法が適用されるラジオ波のエステ機器

電波法の中には様々な規制等について記載されていますが、その中でもラジオ波のエステ機器が関わってくるのが「高周波利用設備の概要」です。

これは、電線路に10kHz以上の高周波を用いた通信や電話、その他の通信設備、及び10kHz以上の高周波を要する工業用加熱設備や医療用設備、各種設備を用いる場合、設置許可を受けなくてはならないというものになります。

勉強

これは、高周波を利用することによって放送や無線通信に影響を及ぼしてしまう可能性があるため、規制の対象となりました。
この設置許可に関しては個別で許可を申請する必要があります。

つまり、エステサロンで高周波機器を利用する場合、それぞれのエステサロンで高周波利用設備の申請手続きを済ませなくてはなりません

高周波利用設備の設置は総務大臣の許可が必要であり、設備の変更・撤去においても手続きが必要です。
エステサロンで規制対象の高周波機器を利用する際に面倒で申請手続きを行わないとなると、電波法違反で懲役1年、もしくは100万円の罰金刑が科せられてしまいます。

申請手続きが不要となる条件

上記はあくまでも10kHz以上の高周波を利用する設備が対象となっていますが、エステサロンなどで用いられているラジオ波のエステ機器は、多くが約300~600kHzです。

ただし、申請手続きが不要となる条件もあり、そのようなラジオ波のエステ機器であれば個別に許可を申請する必要もありません

申請手続きが不要となる条件はいくつかありますが、この中でラジオ波のエステ機器が関連しているものは、「通信設備以外の高周波利用設備であって、その高周波エネルギーが50W以下のもの」となります。

現在、ラジオ波のエステ機器を活用しているというエステサロンは、その機器の高周波エネルギーが50W以下かどうか確認してみるようにしましょう。

申請手続きを行う方法

高周波エネルギーが50W以上だった場合、不安になってしまうかもしれませんが、通常であれば申請はエステ機器の販売会社が代わりに申請するというケースがほとんどです。

ただし、お店を移転する場合や今まで使っていたものを撤去する場合、新たに設置する場合には申請が必要となります。
特に、移転する場合や今までのエステ機器を撤去する場合はエステサロン側で申請手続きを行う必要があるので注意しましょう。

ラジオ波のエステ機器が電波法を犯しているというわけではありませんが、機器の性能によっては電波法を犯してしまう可能性があるということを理解しておきましょう。

また、これからエステサロン経営の際にラジオ波のエステ機器の利用を検討されている場合は、製造元もしくは販売元に対してきちんと高周波利用設備の申請が必要かどうかチェックすることが大切です。

もし必要であれば、総務省の電波利用ホームページから申請手続きを行うようにしましょう。

最新業務用エステ機器フォースカッターは申請が必要?

フォースカッターフォースカッターお問合せ

ラジオ波が活用されているエステ機器はいくつかありますが、2018年1月より販売されたばかりの「フォースカッター」は、上記で紹介した申請が必要となってくるのでしょうか?

フォースカッターのラジオ波機能と共に解説していきましょう。

フォースカッターに備わっているラジオ波機能

フォースカッターはこれまでのエステ機器とは異なり、4つの機能を兼ね備えています。
その中でラジオ波は脂肪燃焼・引き締め効果に役立っているのです。

フォースカッターに備わっているラジオ波機能は、上記で紹介した「モノポーラ式」と「マルチポーラ式」を採用しています。
1つのエステ機器でモノポーラ式とマルチポーラ式、両方の効果が得られるのはフォースカッター以外のエステ機器ではほとんど見られません

フォースカッターではまずモノポーラ式を利用し、体の奥までしっかりと分子同士を振動させます。

この時、脂肪細胞にも作用し頑固な内臓脂肪やセルライトまで燃焼しやすい形にしていきます。
続いてマルチポーラ式を利用し熱を引き起こしていくだけではなく、モノポーラ式よりも表層部分を中心に温めていくことができるので、皮下脂肪・セルライトの溶解に効果が期待できます。

ここまででも脂肪燃焼・痩身効果が発揮されていますが、フォースカッターの場合はここからさらに吸引とEMSを行うことによって溶解された脂肪を排出しやすいように促していき、さらに筋肉強化によって美しいボディラインを作り出していくのです。

フォースカッターに申請は必要なのか?

このように、多機能・高スペックなフォースカッターですが、不安になってくるのは、申請が必要かどうかという点でしょう。

ラジオ波もモノポーラ式・マルチポーラ式を採用しており、高い効果が期待できるため、その分フォースカッターも申請手続きが必要になってくるのではないかと考える方も多いのではないでしょうか?

しかし、実はフォースカッターは申請手続きの不要条件である、「通信設備以外の高周波利用設備であって、その高周波エネルギーが50W以下のもの」に当てはまっているのです。

FORCE CUTTER 試験成績書

FORCE CUTTER 試験成績書 FORCE CUTTER試験データ成績書

フォースカッターは一般財団法人テレコムエンジニアリングセンターにおいて高周波出力に関する一般試験を行っています。

この試験では、高周波出力を測定するため、フォースカッターを標準動作状態にし、そこから最大定格値を動作させた時の高周波出力を高周波電力計を用いて測定されました。

その結果、3回以上測定した平均値が46.0Wという測定値となったため、不要条件の50W以下であることが証明されたのです。

一般財団法人テレコムエンジニアリングセンターは、40年の歴史を持つ無線設備等の認証・試験機関であり、日本のみならず海外向けの設備認証・試験を実施しています。

信頼のおける第三者機関の試験であるため信用度はかなり高いと言えるのではないでしょうか?

様々なエステ機器がある中で、痩身効果が期待されるラジオ波ですが、利用する場合は電波法に関しても把握しておかなくてはなりません。
しかし、フォースカッターであれば使用に関する申請手続きも不要で、安心して利用することができます。

電波法について不安を感じていた方も、ぜひフォースカッターを利用してみてはいかがでしょうか?

フォースカッターお問合せ