【フェイシャル機器業務用】エステサロンの差別化を図るためのポイント

フェイシャル 機器 業務 用

近年、エステサロンの数が多くなっていて、それぞれのエステサロンが独自のメニューを考案するなど、他サロンとの差別化を図ろうとしています。
しかし、エステサロンのフェイシャルメニューは、どこも同じようなものになってしまいがちです。

フェイシャルサロン

そのため、フェイシャルエステは差別化しにくい施術の1つだと言えるでしょう。

他のエステサロンと差別化するためのポイントを知り、しっかりと押さえておくことができれば、自分のサロンならではの魅力を発信できるようになります。
今回は、エステサロンの差別化を図るためのポイントやおすすめのフェイシャルエステ機器にはどのようなものがあるのかご紹介しましょう。

フェイシャルエステの需要は高い

エステサロンでは様々な施術が行われていますが、フェイシャルの施術を受けているお客様は少なくないでしょう。
フェイシャルエステは多くのエステサロンでも導入されているため、大きなインパクトを与えることが難しくなっています。

しかし、多くのエステサロンが導入しているということは、それだけ需要があると言えるのです。

顧客
フェイシャルエステはオールハンドでの施術ももちろんできますが、業務用のエステ機器を活用して施術するというケースもあります。
業務用のエステ機器を活用すれば、オールハンドの施術よりもさらに深い部分までアプローチできるというメリットがあるため、導入することでお客様の満足度を高められることでしょう。

フェイシャルエステを受ける目的には様々なものがありますが、多くのお客様は何らかの肌に関する悩み・トラブルを抱えています。
美白になりたい、シミやシワを目立たなくしたいなど、悩みは人によって様々です。

エステサロンでは、そういった悩みを改善できるような施術を提供しなければいけません。
ニーズにしっかりと応えられるメニューを提供し、結果を出すことができれば、必然的にリピート率も高まっていくことでしょう。

また、エステサロンに通っている人の中には、リラックスできると話す人もいます。

フェイシャルエステなどはマッサージも行うため、リラックス効果が実感できるのです。

美肌効果や小顔効果はもちろんですが、リラックス効果も得られるのであれば、何度も足を運びたいと感じるものです。
そう感じてもらえるような施術を行うことも、エステサロンの魅力を実感してもらうためには重要だと言えるでしょう。

他のサロンと差別化するために押さえておきたいポイントとは?

フェイシャルエステは、なかなか差別化が難しいと前述しました。
続いては、そんなフェイシャルエステを導入しながら、他のサロンと差別化するために押さえておきたいポイントを見ていくことにしましょう。

定番メニューを作る

エステサロンの数はとても多く、それぞれのサロンが強みを持っています。
また、そのエステサロンならではの定番メニューを用意しているというケースも少なくありません。

エステサロン経営

エステサロンの定番となるメニューを作るためには、施術者が得意としている分野を取り入れることが重要なポイントになります。
多くの場合、トレンドになっているメニューを取り入れたいと考えますが、それでは他サロンとの差別化が難しくなってしまうため、まずは定番となるメニューを導入することが重要となるのです。

定番メニューの決め方は難しく感じるかもしれませんが、得意分野を活かしたメニューを作ればお客様からの満足度も高まるため、得意分野を活かせる定番メニューを作ることが大切だと言えます。

オプションメニューや追加メニューを作る

定番となるメニューはもちろん必要ですが、顧客満足度やリピート率を高めていくためには、オプションメニューや追加メニューを作っておくこともポイントになります。
定番メニューだけではなく他のサービスも受けられることによって、サロンの収益アップにつながるでしょう。

オプションメニューとして魅力的なものの中には、パックやトリートメントなどがありますが、基本的には定番メニューの効果をさらに引き立てるようなものを選ぶべきです。

低価格だけで勝負するのは良くない

業務用エステ機器 性能

エステサロンの中には、低価格を売りにしているところもあります。
しかし、安易に価格を下げてしまうことでエステサロンの価値自体も下がってしまいます。

1度価格を下げてしまうと、その後価格を上げることは難しいです。
なぜかというと、価格が上がったことで他のサロンへお客様が移ってしまう可能性があるからです。
施術の価格は、内容によって変わってきます。

どこのエステサロンでも導入されているようなメニューであれば、価格は安く設定せざるを得ません。

しかし、他とは違う独自のメニューを導入しているのであれば、価格をキープすることができるでしょう。
そのためにも先程ご紹介したように、施術者の得意分野を活かせるメニューにした方が良いと言えるのです。

ターゲットに合ったメニューを提供する

笑顔のエステティシャン

エステサロンを利用するお客様の年齢層は非常に幅広くなっています。
そのため、フェイシャルエステを受けるお客様がどのような目的で施術を受けるのかを知っておく必要があるのです。

例えば、20代の若い女性の場合は美肌や毛穴ケアが目的になっているケースが多く、30代後半から40代女性の場合はシミ・シワの改善を目的とするケースが多くなっています。
もちろん、多くの人に施術を受けてもらいたいという気持ちもよく分かります。

しかし、どのような層にアプローチするのかというターゲッティングがしっかりとできていないフェイシャルエステでは、ニーズに合わせた施術が難しくなってしまいます。
ニーズに合っていなければ、リピート率の低下などにつながってしまう可能性があるので注意が必要です。

また、ターゲットとなる年齢層に合わせた店舗の雰囲気作りも重要なポイントになります。
例えば、若者がターゲットであれば明るい雰囲気、大人の女性がターゲットであれば落ち着いた雰囲気にするなどの工夫もしてみると良いでしょう。

メニューの構成もオリジナルに

フェイシャルエステの場合、オリジナリティを出すことが難しいです。
どのサロンでも同じような施術は行われていますが、それでは後から出てきたサロンが不利になってしまうのは明白です。

競合のエステサロンが多い現代だからこそ、オリジナリティあふれるメニュー構成を考える必要があります。
オリジナルのメニュー構成になっているエステサロンであれば、フェイシャルだけではなく、全身の施術も受けたいと思ってもらえる可能性があります。

ウエディングエステ

メニュー構成をオリジナリティあふれるものにしたくても、どういったメニューにすれば良いのか悩んでしまう方も多いでしょう。
そんな時は、まずコース名だけでも分かりやすく、なおかつ他サロンでは見られないような名前に変えてみてはいかがでしょうか?

お店のコンセプトに合わせてメニュー名を変更することで、オリジナリティを増すことができます。
ただし、メニュー名から内容が把握できないものはお客様に不安を与えてしまうことになるため、必ずメニュー表には内容を記載したり、メニュー名の横に内容を附属させておくようにしましょう。

業務用エステ機器を導入する

エステサロンの中には、業務用エステ機器を導入しているところもあります。
オールハンドでの施術を売りにしているサロンももちろんありますが、業務用エステ機器を導入することによるメリットも大きいのです。
どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

ボディケアサロン
POINT1
技術力がない新人スタッフでも活躍ができることです。
新人スタッフにベテランスタッフと同じレベルの手技を身に付けてもらうためにはかなりの時間がかかってしまいます。
しかし、業務用エステ機器を活用すれば、新人でもベテランでも同じクオリティの施術が提供できるのです。
POINT2
メニューの数を増やせることです。
業務用エステ機器を導入するとそれだけでメニューを増やせるため、宣伝効果を得られます。
リピート率を高めるためにも様々な工夫を凝らしていかなければいけませんが、エステ機器とハンドの施術を組み合わせることで、新しいメニューも考案できるでしょう。
そのメニューを定番メニューにすることもできるため、他とは違う魅力を発信できるようになります。
POINT3
施術の効率が高まることです。
オールハンドの施術は非常に魅力的ではありますが、1人のお客様に付きっきりになってしまいます。
それでは多くのお客様に施術することができず、待たせてしまう可能性も出てきます。
そうならないためにも、業務用エステ機器の導入がおすすめです。
業務用エステ機器を活用すれば、1回の施術で得られる効果を高めることができ、なおかつ施術時間の短縮につながります。
短時間でしっかりと効果を実感できれば顧客満足度も高まるため、一石二鳥だと言えるでしょう。
エステサロン開業

フェイシャルエステで差別化を図るためには、お客様のターゲティングやメニューの考案が重要になります。
多くの人に足を運んでもらいたいと考えるかもしれませんが、まずはターゲットとなる層をメインにメニューを考えてみてはいかがでしょうか?
また、業務用エステ機器を導入すれば、差別化しやすくなるため導入を検討してみるのも良いでしょう。

フォースカッターはフェイシャルの施術にも効果を発揮する

フェイシャルのメニューを取り入れたいと思った時に、どのような施術が良いのか悩んでしまうというケースもあるでしょう。
そんな時には、先ほども紹介したように業務用エステ機器の導入がおすすめです。

業務用エステ機器には様々なものがありますが、その中でも痩身効果だけではなくフェイシャルエステでも効果を発揮してくれるフォースカッターがおすすめです。
では、フォースカッターによるフェイシャルの施術ではどんな効果を発揮するのか、ご紹介していきましょう。


フォースカッターお問合せ

美容成分をしっかりと浸透させるポレーション

ポレーションは、電気穿孔法の技術を応用して作られたもので、最先端の浸透テクノロジーと言われています。

エステサロンの中には針を使って美容成分を肌の深い部分まで浸透させるところもありますが、電気穿孔法によってより安全性の高い施術が可能です。

肌の奥深くまで美容成分を浸透させられることによって、健康的で若々しい肌へと導いてくれるでしょう。
そのため、若々しい肌を取り戻したいと考えている方には特におすすめです。

LEDの照射で肌の調子を整える

フォースカッターでは、LEDを肌に照射することで、肌の調子を整えられます。
LEDというと照明で使われるイメージが強いかもしれませんが、実は美容にも嬉しい効果を発揮してくれるのです。

LEDは、波長によって効果が変化します。

・赤色LED…くすみやクマなど女性が抱える肌の悩みを改善
・黄色LED…乱れがちになっている肌のターンオーバーを正常化させてくれる
・青色LED…アクネ菌を殺菌してくれる効果が期待できるため、ニキビ肌の改善に効果的

一人ひとりの肌トラブルを改善させる波長のLEDを照射することによって、より満足度の高いフェイシャルエステを実現できるでしょう。

リラクゼーション効果を高めるクロモヒーリング

forcecutter8

エステの施術にはリラクゼーション効果もありますが、その効果をより高められるクロモヒーリングがフォースカッターには搭載されています。
LEDの光でラグジュアリーな空間を作り出すのですが、さらに光の色によって異なる効果を体感できるようになっています。

赤は肌のエイジング効果、黄色は体の中のヒーリング効果、青は心のリフレッシュ効果です。
仕事の疲れや日々のストレスから解放できるようなサロンづくりに貢献でき、多くの方にご利用いただけます。

フォースカッターならではの4Dface

forcecutter10

4Dfaceは、フェイシャル専用のヘッドを使って行います。
温熱作用とEMSによる刺激で、肌の引き締めやハリを取り戻すといった効果が期待できます。
エイジングサインが出やすいおでこやこめかみ、フェイスライン、首、鎖骨周りなどの施術を行うことによって、目に見える効果を実感できるでしょう。

フォースカッターには、このような機能が搭載されています。
これらの機能によって、より効果的なフェイシャルエステを実現できるようになっているのです。

フェイシャルエステは、様々な施術の中でも特に差別化が難しいものです。
しかし、業務用エステ機器を導入すれば、差別化も容易になります。
特に、フェイシャルにも効果を発揮してくれるフォースカッターはおすすめです。
フォースカッターを導入することによって競合サロンとの差別化も図れるため、オリジナルメニューの考案にお悩みの方は、フォースカッターの導入をぜひ検討されてみてはいかがでしょうか?

フォースカッターお問合せ