エステサロンの設備で必要不可欠なものとは?

エステサロンでは施術や内装などに関わる様々な設備を用意する必要があります。
中でもエステ機器は似たような商品がたくさんあるので、選ぶ際に迷う方は多いでしょう。

痩身・フェイシャルエステに必要なエステ機器をお探しであれば、フォースカッターがおすすめです。


フォースカッターお問合せ
今回はエステサロンに必要な設備の紹介と共に、なぜフォースカッターがおすすめできるのか、導入のメリットをご紹介しましょう。

エステサロンで必要な設備

エステサロンで必要な設備は、施術メニューに応じて変わってきます。
そのため、施術メニューを決めてから準備していくことになります。


主に必要となる設備は次のようになるでしょう。

エステサロンで必要な設備
・施術メニューごとに必要なエステ機器
・エステ用ベッド
・ローブ、タオル、シーツなどのリネン類
・化粧品、施術用オイル
・スチーム
・ホットタオルキャビネット
・カルテ、事務用品
・白衣
・各種家電製品、家具、インテリアグッズ
・店舗用BGM
・パソコン、タブレット、スマホ、家電など
ベッド

エステ用ベッドには固定されたフラットタイプや角度や高さの調整が可能な可動タイプ、折りたたみのポータブルタイプの3種類があります。

マッサージであればフラットタイプで十分ですが、フェイシャルやフットケア、ヘッドスパなどのメニューでは可動タイプが便利です。
小スペースでの施術や出張エステを考えている場合はポータブルタイプが最適でしょう。

価格面や性能が異なるので、施術メニューや予算など相互的に見て用意が必要です。
また、顧客が使うローブなどのリネン類は大量に必要であり、使い捨てにするかどうかも決めなければなりません。

そして、化粧品や施術用オイルは施術メニューに応じて必要となります。
色々なメーカーがあり、効果や成分も異なるので、比較しつつ用意しましょう。

化粧品

化粧品にも相性があるので、できればラインを揃えることをおすすめします。
個別で用意するのは大変なので品揃えが多いメーカーや仕入先を選ぶようにしましょう。
他にも顧客の情報を管理するカルテやデバイス、事務用品、お店の雰囲気を左右する家具やインテリア、BGMといった備品が必要です。

エステサロンの設備に必要な費用

導入する設備に応じて設備投資費を大きく変わってきます。
どのくらいの費用が必要になるのか相場目安を見てみましょう。

・ベッドや椅子などの設備費:数万円から20万円(台数によって変化)
・エステ機器:10万円から数百万円
・化粧品やオイルなどの消耗品:5万円前後から

エステ機器は種類やメーカーに応じて価格が異なります。

レンタルであれば最低でも10万円で導入できることが多いですが、購入となると数十万円から数百万円と高額です。
消耗品も商品や仕入先によって価格は代わるので、継続的に仕入れることを考えて選びましょう。

設備費用の節約に最適な居抜き物件の欠点

設備費用を節約する方法として、居抜き物件で開業する手段があります。
居抜き物件とは設備や家具、什器備品が既に備わった状態で売買や賃貸に出された物件です。

設備や内装が附帯されているので、初期費用を抑えてエステサロンを開業できます。
元々エステサロンを営業していた物件であれば、非常に便利な物件と言えるでしょう。

ただし、居抜き物件は訳あり物件という考え方もできます。

なぜエステサロンが閉業したのか、その理由を把握していないと同じ道を辿る可能性があるでしょう。
特に立地の問題となると集客対策で難しい面が多いので、そのような物件は選ばずに他の形で設備投資費を節約した方が無難と言えます。

設備は店舗スペースも考えて導入が必要

設備の導入にあたり、本当に必要な設備を選定して揃えることが大事です。
予算もそうですが、店舗における設備には限界があります。

エステ機器は種類によっては大型なので、店舗スペースを大きくとってしまうことが多いです。
メニュー豊富なエステサロンの場合、施術ごとや体型や肌質などニーズに合う設備を用意しなければならないでしょう。

痩身専門エステサロン

たくさんのエステ機器を導入する場合は、店舗スペースに考慮して導入が必要です。

あれもこれもと導入すれば狭く圧迫感があり、居心地の悪い空間となってしまいます。
それなら施術ごとに一つひとつ用意するよりも、複数の機能を搭載した多機能タイプにすることで、必要なエステ機器の数を減らすことができます。
その結果スペースの節約となり、その部分を別の用途への活用も可能です。

多機能なエステ機器ならフォースカッター

forcecutter
フォースカッターお問合せ

多機能なエステ機器をお探しならプロラボソリューションのフォースカッター。
フォースカッターは痩身エステとフェイシャルエステの両機能が搭載されています。


サロンオーナーの意見を元に、定番のラジオ波、EMS+吸引、エレクトロポレーション、LEDの4つを1台にまとめました。
ラジオ波とEMS+吸引でボディの代謝や脂肪燃焼を高め、リバウンドしずらく痩せやすい体質に変えることができます。

エレクトロポレーションで肌に傷付けずに美容成分を肌に浸透させ、LEDの光と色で心を癒しつつ、潤いやハリのあり、くすみのない美肌に導きます。
フェイス用ヘッドを着用すればフェイシャルエステができ、温熱作用とEMSの作用によりリフトアップ効果もあります。

フォースカッターは全身のトリートメントが可能なので、痩身エステとフェイシャルのメニューの両方を用意しているエステサロンに便利な機器です。

フォースカッターの導入メリット

多機能タイプのフォースカッターは効果が認められているテクノロジーを集約しているので、高い効果を発揮してくれます。
それ以外にもエステサロンや顧客にとって良いことが多いので、導入するメリットをご紹介しましょう。

体質を問わず効果の高い痩身を実現

forcecutter8
フォースカッターは温熱作用を深部の脂肪まで届けるモノポーラと、3つの電極で浅い部分と深い部分の両方の脂肪に作用するマルチポーラの両方を採用しています。

2つのWラジオ波を使うことで、皮下脂肪、むくみ、固太りの体質にもしっかりとアプローチ。
代謝や脂肪燃焼を促す施術となるので、リバウンドする可能性が低く、直接脂肪を分解する施術ではないので内臓にかかる負担はほぼゼロなので安心です。
効果には個人差がありますが、1回で大きな結果を感じていただけた方も多く、施術の回数を重ねるごとに目に見えた効果を実感していただけます。

操作が簡単で誰でも均一なトリートメントができる


フォースカッターは難しい動作を必要としないので、誰でも簡単に操作できます。
また、技術力や経験に関わらず均一なトリートメントができるので、施術者によって質が劣るという心配はありません。

多機能だからスペースに困らない


痩身とフェイシャルの両施術ができ、どんな体型にでも効果を発揮するので、導入に必要なエステ機器を減らし、スペースの圧迫を防ぐことができます。
初期投資の負担だけではなく、ランニングコストの節約や設備管理の手間を省くことにもつながるでしょう。

設置許可の申請不要で気軽に導入できる

通信目的でなくても高周波を利用する設備は電波法に基づき、総務省への設置許可の申請が必要です。
しかし、フォースカッターは高周波エネルギーが平均46.0Wと50W未満であるため、設置許可は不要となります。
面倒な申請手続きをすることなく、気軽に導入できます。

短期間での本体価格の回収を実現可能


フォースカッターの本体価格は2,300,000円(税別)となります。
申し込みは割賦かリースで、毎月のお支払いは35,500円(税別・初回は59,000円)/5年・60回払いです。
一括支払いではないので気軽に導入していただける分、長期に渡る支払いにネックを感じるかもしれません。
ただ、料金設定や月の施術回数によっては短期間で本体価格を回収できます。


例えば、ボディメニューの価格を初回17,500円、通常価格を35,000円として、1日2人のペースで月25日稼動した場合、合計金額は875,000円となります。
このペースが維持できれば、2.6ヶ月で本体価格を全額回収可能です。

フォースカッターはサロンオーナーが選ぶ痩身機器で、「人気No1」、「顧客満足度No1」、「サロンオーナーが注目する痩身機器No1」の3冠を獲得しています。
話題性に優れ、効果でも実績を出しているので、高い集客力で早期の本体価格の回収と売上アップに貢献します。

多機能タイプのフォースカッターなら設備導入の壁となる費用面や店舗スペースの節約が可能です。
施術者と顧客の両方が満足する最新エステ機器なので、新しいエステ機器をお探しの方は導入を検討してみてはいかがでしょうか?
無料体験も実施しているので、効果や操作を体感したい方はプロラボソリューションへお問い合わせください。

フォースカッターお問合せ