エステサロン経営を成功させるための極意5つ

エステサロン 経営

エステサロンの経営を考えた際に、有利に進めていくためのポイントを知っているのと知っていないのとでは大きく経営も異なってきてしまうことでしょう。

エステサロンは基本的にサービスを提供していく業種ではあるものの、基礎化粧品などの商品から備品など、資金をある程度用意しておく必要があり、経営を開始してもしばらく赤字が続いてしまってはうまくお店を続けていくこともできなくなってしまいます。

そのため、今回はエステサロン経営の極意5つについてご紹介していきましょう。
どうすればエステサロン経営を早く軌道に乗せられるのか、ポイントごとに詳しく解説していくので、これからエステサロン経営を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

エステサロン経営までの流れ

エステサロン経営の極意について知る前に、まずはエステサロンを開業させるまでの流れを知っておきましょう。
本格的に開業させるまでには、いくつかの行程を踏んでいく必要があります。

情報収集
まずは情報収集を行っていきます。
恐らく現在この記事を読まれている方の多くは、情報収集の状況にあると言えるのではないでしょうか?

インターネットなどでエステサロンを開業するためにはどうすれば良いのか、どんなエステサロンを開業したいのか具体的な事例探しなどを行っていることと思います。
情報収集はインターネットからも簡単に集められますが、インターネットの情報の中には正しい情報だけではなく、間違っているにも関わらず掲載されている情報もあるので注意が必要です。

自分が開業したいと考えるエステサロンをイメージする
情報収集が終わったら、その情報を元に具体的なエステサロンのイメージを作っていきます。

詳しい説明は下記の極意でもご紹介していますが、実はこのイメージはかなり重要なポイントとなってきます。
どんなエステサロンを作っていきたいのか、どんな人に利用してほしいのかを書き留めておきましょう。

具体的な事業計画の作成
自分が開業したいと考えるエステサロンをイメージしたら、次にその理想とするエステサロンを開業するためには何が必要となってくるのか、具体的な事業計画を作成していかなくてはなりません。

事業計画というと、例えば立地やテナントについて、提供するサービス、備品など、様々な事業に関する計画を立てていきますが、同時に資金計画も立てておくようにしましょう。

事業計画がうまくいったとしても資金計画が破綻していてはエステサロン経営も失敗に終わってしまう可能性があります。
事業計画を行いつつ、開業にかかる資金はどれくらいかかるのか、そして資金調達はどうやって行うかも決めておきましょう。

テナントを探す
具体的な事業計画及び資金計画が完成したら、いよいよテナント探しが始まります。

テナントを探す時はコンセプトに合っているか、予算的に問題ないかも含めて確認していきましょう。
また、テナント探しはエステサロン経営がうまくいくか、失敗してしまうかに影響する程、大きなポイントになる項目です。

ベッド
多くの方が通いやすいと思えるような立地でないと経営は難しいかもしれません。

ただし、必ずしも“通いやすい”だけで立地を選んでしまっては予算がオーバーしてしまう可能性が高いですし、狙っているターゲット層を取り込めない可能性も出てきてしまいます。

例えばコンセプトを非日常的な雰囲気を味わえるサロンとしているにも関わらず、駅から近いことで電車や車の走行音が聞こえてしまうようだと、コンセプトとは不釣り合いなテナントと言えます。
ですから、テナント選びはコンセプトと予算、通いやすさなど、それぞれのバランスを見ることが大切です。

施工会社を決める
テナントは基本的にお店の骨組みはある状態でも、外装や内装などは何もできていない、もしくは前に入っていたお店の外装・内装のままになっている可能性が高いです。

そのため、施工会社を決めてテナントの外装や内装を作っていく必要があります。

施工会社にも安い価格で希望に沿ったデザインで施工してくれるところもあれば、中には高額な請求をしているにも関わらず手抜き施工を行う業者もいるので注意しましょう。

エステサロンで導入する機器を決める
続いてエステサロンで導入する機器をどうするか決めていきます。


エステサロンにはオールハンドで行っているところもありますが、コンセプトに合わせて使う機器を選びましょう。

エステサロン向けの業務用機器は高額なものも多いです。
予算を考えながら必要なものだけを選ぶようにしてください。

メニューを決める
エステサロンで提供されるメニューを決めていきます。
最初から決めていたメニューだけではなく、機器などからも取り入れられるメニューがあればそちらも加えてみましょう。

メニューを決める際には料金も決めていく必要がありますが、適当に決めるのではなく必ずターゲット層に合わせて適切な価格設定を行うことが大切です。
他のサロンの相場なども確認しつつ、客観的な視点で価格設定を行うようにしましょう。

スタッフの雇用と教育を実施する
メニューも決まり、店舗の施工も終わったら、スタッフの雇用と教育を行っていきます。
自宅で開業するエステサロンの場合はスタッフの雇用も必要ありませんが、1人では十分に賄いきれない部分も多いのでテナントを用意するのであればスタッフの雇用も検討しておきましょう。

エステ開業
スタッフの数は店舗の規模によっても変わりますが、シフト制などを考慮して人数配置を実施してください。
また、経営方針・お店のコンセプトなどの教育もしっかりと行っておくようにしましょう。

開業手続きを申請する
エステサロンを開業するためには開業届・開設申請を提出しないと、ここまで準備していてもエステサロンとして開業することはできません
開業届は税務署へ、開設申請は保健所にそれぞれ提出を忘れないようにしましょう。

さらに、経営者になると確定申告も青色申告となるので、青色申告承認申請書の提出も行うようにしてください。

エステサロン開業の流れをご紹介しましたが、この流れはあくまでも一般的なものであって、必ずしもこの流れで進んでいくというわけではありません。
ですが、目安としてエステサロン開業の流れを把握しておきましょう。

開業するために必要な資金はどれくらい?

それでは、実際にエステサロンを開業するためにはどれくらいの資金が必要となってくるのでしょうか?
資金の目安や開業に必要な費用項目などをご紹介していきましょう。

エステサロン開業にかかる資金

エステサロン開業にかかる資金は、お店の規模やコンセプトなどによっても変わってきます。

例えばテナントを借りた場合には賃貸料金が毎月かかりますが、自宅にエステサロンを開業するという場合は実質タダで利用することができます。
また、地域によっても値段は変わってくるでしょう。

東京や大阪などの繁華街に店舗を出店する場合は、来店者数を増やすことができてもその分毎月の賃貸料金は多くなります
逆に地方であれば繁華街に近い場所に立地していたとしても賃貸料金は安く済む場合もあります。

フェイシャルエステ

ただし、来店者数は東京・大阪などの大都市に比べると少ないと予想できるでしょう。
賃貸料金や内装費、機器を含めた備品購入、広告費、スタッフの人件費、運転資金など合わせて数百万円単位で経費がかかってしまうケースが多いです。
自宅の場合は家賃や内装費がかからないので数十万円で済むことも考えられます。

エステサロン開業の際に必要な費用項目

エステサロンを開業する際に必要となってくる費用項目としては、やはり業務用エステ機器やベッドなどは重要な項目の一つと言えるのではないでしょうか?

エステ機器は数万円程度の比較的安価なものから、100万円以上を超えるものもあります。
なるべく予算がかからないようにと安いものを選んでも構わないのですが、そうすると自宅用のエステ機器とほとんど変わらなくなってしまい、エステサロンで行う価値がなくなってしまうので、その点に考慮しつつエステサロンで導入する機器を選んでみてください。

エステ機器

また、ベッドも施術するために必要なものです。
いくつ用意するのか、快適に過ごしてもらうために機能性に優れたものにするかどうかも決めるようにしましょう。

消耗品として必要となってくるのは、シーツなどのリネン類やタオル、そして化粧品です。
化粧品は主に施術を終えた方が帰宅する際に利用するアメニティを指しています。

アメニティが充実しているエステサロンはやはり利用している方にとっては快適に利用しやすいというポイントが加わるので、ぜひアメニティにも目を向けてみましょう。
このアメニティに販売したい基礎化粧品シリーズを用意しておくのも、サンプルとして使ってもらえるので購買促進につながる可能性もあります。

他にもエステサロンを経営するのに必要な項目としては、事務手続きを行う際に必要なデスク、椅子やパソコンなども必要です。
準備するものは意外と多いので、抜けているものがないか事前に確認しておくようにしましょう。

開業資金を準備するための方法

エステサロンを経営するために自己資金を貯めている方も多いかと思いますが、自己資金だけでは賄えない場合もあります。

特に自宅サロンではなく、テナントを借りてエステサロンを開業させるのであれば、銀行での借り入れは必要不可欠です。
ただ、銀行に借り入れする前に、まずは日本政策金融公庫をチェックしてみましょう。

こちらは女性や若者、シニアで起業する、もしくは事業開始から7年以内であれば融資が受けられます。
融資限度額は7200万円にも及び、さらに設備資金の返済は20年以内、運転資金の返済は7年以内と余裕のある期間が設定されているのでおすすめです。
このような開業を支援する助成金・補助金などは国以外にも地方自治体で実施しているケースもあるので、ぜひ確認してみてください。

エステサロン経営の極意その1・コンセプトを決めてターゲットを絞る

コンセプトを決める

エステサロン経営を有利に進めていくためには、まずコンセプトを明確にする必要があります。

例えば、独自のサービスをどのようなターゲット層に提供していくのかをある程度定めるということです。
ただ漠然としたコンセプトにしたり、なんとなく決めてしまうと、後々経営の方向性が見えず失敗してしまうこともあります。

困る女性

顧客をどのように獲得していくかという戦略を決め、それに基づいたコンセプトを考えていく必要があるのです。

サービスを提供するスタッフが、モチベーションアップにつながるようなエステサロンの店舗づくりも重要になりますが、ターゲット層にどのようなニーズがあるのかを配慮していくことで、新規顧客はもちろんのこと、リピーターを獲得することにもつながるのです。

ニーズや流行などを取り入れたサービス内容にしたり、ターゲット層によってサービス内容に変化を持たせるということもポイントになってくるでしょう。

エステサロン経営を進めていく上で、コンセプトは今後の「柱」となっていきます。

コンセプトをしっかりと決めていないと、サロンの経営方針にズレが生じたり、サロンの一貫性が失われてしまう可能性があります。
また、その時その時によってコンセプトを変えてしまうと、顧客もそのエステサロンの魅力が何なのかわからなくなり、新規顧客が得られても、リピーターが獲得できないこともあるのです。

コンセプトを明確にしないと、サロンの売上や集客が難しくなってしまうため、一貫したコンセプトに沿ったサロン作りをしていくことが大切です。

また、エステサロンを経営するのであれば、コンセプト決めの際に周辺地域の競合店の施術メニューであったり、価格帯・強みなどを徹底してリサーチすることも重要です。
サロン周辺にはどのような顧客が多く、どのような目的で利用する傾向があるのかを知っておくことで、その後のコンセプトを明確にしやすくなります。

ターゲットの明確化

ターゲット層を明確にするには、どのようなポイントを踏まえて絞るのが適切なのでしょうか?

マーケティングで言うペルソナは、理想の顧客をターゲット層としてではなく、1人の顧客に絞ることがポイントとされています。
エステサロン経営を進めていこうと考えた時に、自分のサロンにしかないサービスや強みを提供していきたいと考えることでしょう。

その時、エステサロンで顧客にしたいと思う性別・職業・年齢・趣味・収入などを細かくイメージするのではないでしょうか?
そのイメージこそが、ターゲットを絞る際に重要なポイントとなるのです。

仮に「サロンの周辺地域に住んでいる働く30代の女性」をターゲットにした場合、集客方法もどのように進めていけば良いのか見えてきます。
このようなターゲットに絞って集客する場合、単身者向けアパートやマンションにチラシを配布したり、仕事帰りに立ち寄ることができるよう営業時間を考慮したりと、様々なことに準備ができるようになるでしょう。

また、周辺地域に住む子育て中の主婦をターゲットにした場合、ファミリーが住むアパートやマンションにチラシを配ったり、営業時間を昼間通いやすい時間帯にしたり、子育ての合間に来店してもらえるよう子育てサポートについても考慮してみたりと工夫ができます。

ターゲットが変われば、集客方法はもちろん、そこでエステサロンをPRするメッセージ内容なども変わってきます。
集客する際には、コンセプトを明確にし、ターゲットを絞ることが大切なのです。

エステサロン経営の極意その2・エステサロンの市場を把握する

エステサロン経営の極意その2は、エステサロンの市場把握です。

市場を把握するというのはどのようなことを言うのでしょうか?
エステサロン経営にあたっては、まずは前提として知る必要があるのがエステ業界の市場規模や動向です。
その中でも、エステサロン事業所数や業界市場規模などは理解しておきたい内容です。

事業所数

全国には、5800以上のエステサロンがあります。

そしてエステティシャンは2万6400名を超えており、個人店舗を含めればさらに多いと言われています。

そのため、エステサロン経営は決して簡単にできるものではないということがわかるのではないでしょうか?
実際に、エステサロン経営をスタートしても、1年以内に閉店してしまうサロンも全体の6割と言われており、3年以内に閉店してしまうサロンは全体の9割となっています。
エステサロンは、個人でも比較的開業しやすいというメリットもありますが、それ以上に経営を続けていくことの厳しさも実態にあるということを理解しておく必要があるのです。

市場規模

エステ業界の市場規模は、2006年~2011年までは縮小傾向にあり、2014年にかけては徐々に上向きとなっていました。
そこから現在に至っては、ほぼ横這いの状態が続いていることがわかっています。

エステ業界の市場の内訳は、フェイシャル・ボディ・脱毛・メンズエステ・その他に分類されています。

その中でもフェイシャルの市場規模が最も高く、脱毛も年々規模拡大してきているのが特徴です。
そのため、経営するエステサロンが提供するサービスの業態の市場規模がどのくらいなのかを把握し、エステ業界市場規模の動向についても知っておく必要があるのです。

市場を理解することの大切さ

エステサロン経営の極意のポイントは様々なものがありますが、エステ業界の市場を理解することは非常に重要です。
市場を把握できていなければ、戦略や経営方針も定めることができません。

特にエステサロンは、都市部を中心に競争が激しいと言われており、市場から撤退を余儀なくされているサロンも少なくありません

しかし、そのような厳しい環境においてもエステ業界に参入する店舗は多く、さらに経営に厳しい状況を作り出しているのです。

中には、メニューの価格を引き下げ競争が頻発しているサロンもあり、今度どのように競争に勝ち続けていくかを明確にしなければ経営そのものが困難になってしまうのです。
市場の状況を把握して、経営しようとしているエステサロンにはどのような戦略が必要なのかを見極めるようにしましょう。

もし売上が落ちてしまったら

エステサロン経営者にとっての最大の課題は、利益を上げ続けることです。

しかし、経営を続けていく中でもし売上が落ちてしまったらどうすれば良いのでしょうか?
まずは、市場を今一度把握し、サロンの現状を理解し分析することが大切です。

エステ業界の市場は、今後も大きく変わっていく可能性が高いと言われています。

メニューで言えば、どのようなサービスの売上が落ちているのか・その原因は何か・競合と比べて強みや弱みは何なのかなど、市場を基に現状をしっかりと把握し、分析していくのです。
また、サロンの経営目的や目標をスタッフ同士で共有し、目指すべき方向性を決めることも大切です。

変化に対応するエステサロンを作るには、常にそういった見直しや現状把握を行い、幅広い視点で柔軟に対応する姿勢も求められます。

市場環境の影響を大きく受けてしまうエステサロンは、売上が落ちてしまった時こそ、見落としや改善策を練るチャンスと言えるでしょう。
だからこそ、常に理想のエステサロンを続けていくために必要な戦略を意識して、経営していくことが大切なのです。

エステサロン経営の極意その3・効率的に集客する方法を考える

エステサロン経営を進めていく中で、必要になるのは集客です。
顧客が来なければ、サロンの経営をすることができません。

そのため、効率的に集客する方法を考える必要があると言えるでしょう。
では、効率的に集客するにはどのようにしたら良いのでしょうか。

新規顧客の開拓をする

効率的に集客するためには、まず新規顧客の開拓をするにはどうしたらいいのかを考えることが必要になります。
新規顧客を獲得することができれば、エステサロンの経営を軌道に乗せるために大きなポイントになるからです。

もちろん、エステサロン自体の認知度を高めるために地道な宣伝活動をすることも大切です。

しかし、効率的に集客する方法を考えるのであれば、地道な宣伝活動だけではなく、戦略的な広告手法を意識して宣伝をすることも大切になるでしょう。
最近は、ツイッターやインスタグラムを利用している人もたくさんいるため、ハッシュタグをつけてくれた人に何かプレゼントをするなど、独自のサービスを提供するといった工夫をするということが、戦略的な広告といえます。

ツイッターやインスタグラムのハッシュタグは、拡散効果も大きいのでサロンの認知度を高めることにつながるため、そのような手法は効率的に集客する方法の1つとなるのです。

リピーターを増やすためにはどうすべきかを考える

エステサロン経営を安定させるためには、新規顧客だけではなく、リピーターを増やすということも大切になります。
なぜなら、リピーターが増えていくことによって、安定した売上を伸ばすことにつながっていくからです。

リピーターを増やすためには、顧客満足度を高める工夫が必要です。

顧客満足度を高めることは簡単ではありませんが、施術や接客の内容を充実させることによって高まることが考えられるでしょう。

施術や接客の内容を充実させるだけではなく、「またこのサロンで施術を受けたい」と思ってもらえるような内容にする必要があるので、独自のサービスを検討してみてください。

エステサロンで多く行われているサービスは、次回利用で割引になるクーポン券が発行されたり、ポイントカードを作りポイントがたまると特典がもらえたりするというものです。
その他にも、継続した利用によるメリットがあるということを伝えるのも有効な方法だと考えられます。

開業前にホームページを用意する

顧客としてサロンに足を運んでくれる人の中には、ホームページで情報収集をする場合が多くあります。
そのため、開業前にホームページを開設し、料金や施術メニューがどのようになっているのか、どのような雰囲気のサロンなのかが分かるようにしておくと良いでしょう。

ホームページで情報収集することができれば、足を運びやすくなるのでホームページは大切な要素になります。
魅力的なホームページであれば、それは集客につなげることもできるので、サロンを知ってもらえるホームページを用意するように心がけてみてください。

エステサロン経営の極意その4・トレンドでも色んなものに手を出しすぎない

エステ業界にも色々なトレンドがあるので、それを追いかけたいと思うサロン経営者もいることでしょう。
ここでは、トレンドでも色んなものに手を出しすぎないことがなぜ大切なのかを説明していきましょう。

経営方針からずれてしまう

エステサロンを経営する中で、色々なサービスに手を出したり、トレンドを取り入れようとする人もいるかもしれません。
しかし、様々なものに手を出してしまうと、サロン開業当初に考えていた経営方針からずれてしまう可能性があります。

エステサロンも含まる美容業界では、トレンドがどんどん移り変わります。
そのため、トレンドの商品やサービスがあるとどうしても取り入れたくなるかもしれませんが、良く考えてから取り入れることをおすすめします。

サロン経営がうまくいかないきっかけになる可能性がある

また経営方針がずれてしまうだけではなく、多くの在庫を抱えることになってしまったり、無駄なコストがかかってしまう可能性があり、サロン経営がうまくいかなくなるきっかけになってしまう可能性も考えられるでしょう。

もちろん、取り入れようとしている商品やサービスが、サロンのコンセプトに合っていれば問題はないので、コンセプトに合っている商品やサービスを充実させていくようにしてみてください。
コンセプトに合う商品やサービスについて極めることがでけば、それはサロン自体の魅力にもなり、新規顧客の獲得やリピーターの確保につながる可能性も大きくなります。

その他にも、色々な物に手を出してしまうことによって、サロンオーナー自身やスタッフが混乱し、一つひとつのサービスに対する顧客満足度が下がってしまう可能性もあります。
そのような事態に陥らないためにも、トレンドに手を出しすぎないということが大切になるのです。

エステサロン経営の極意その5・運転資金は予め準備しておく

エステサロン経営をする前に必要な物の1つに、運転資金の準備が必要になります。
上記で開業資金の目安などについては紹介しましたが、開業資金はいわゆる初期費用であり、経営には運転資金も必要です。

運転資金を予め準備しておくことで、エステサロン経営を軌道に乗せることができるでしょう。
ここでは、運転資金は予め準備しておくことの大切さについて説明します。

運転資金は最低3ヶ月分

最初に運転資金を準備する場合は、最低3ヶ月分準備しておくと良いでしょう。
サロンを開業したばかりの頃だと特に新規顧客の開拓やリピーター確保のために動かなければいけないため、安定した経営ができない可能性があります。

そのため、なかなか利益が出ない時に備えた運転資金が必要になるのです。

3ヶ月分の運転資金が用意されていれば、なかなか経営が軌道に乗らない時期を乗り越えることもできるでしょう。
開業したばかりの頃は、自分自身にも余裕がなく、経営がうまくいかないと焦ってしまう可能性があります。
そのような事態を回避するためにも、運転資金は最低3ヶ月分準備しておくことをおすすめします。

資金がないと顧客獲得やサービス向上のための投資ができない

エステサロンを経営するためには、顧客獲得のための投資も必要です。
資金繰りが苦しい状態では、そのような投資をすることは難しくなってしまうでしょう。

資金繰りで苦しまないためにも、運転資金を準備しておくことは大切になるということなのです。

開業前に運転資金を準備できていれば、集客のために必要な宣伝費用に使うこともできるので、運転資金を用意しておきましょう。
せっかく念願のエステサロンを開業しても、資金繰りがうまくいかずに失敗してしまうのはとてももったいないことなので、運転資金を確保しておくということはサロン経営を軌道に乗せるために必要不可欠な要素の1つになってきます。

エステサロン経営の極意を紹介してきましたが、いかがでしたか?

自分のサロンを持つことができるのはとても幸せなことですが、場合によっては失敗してしまう可能性も無きにしもあらずです。
失敗をしないためには、ここでご紹介した5つのエステサロン経営の極意を意識したサロン作りが重要なポイントになってくるでしょう。

「コンセプトを決めてターゲットを絞る」、「コンセプトを決めてターゲットを絞る」、「効率的に集客する方法を考える」、「トレンドでも色んなものに手を出しすぎない」、「運転資金は予め準備しておく」の5つは、特に覚えておいてほしいポイントです。