エステ開業に必要なものとは

エステ開業

美容業界で働いている方、もしくは働きたいと思っている方の中には、将来自分のエステサロンを開業したいと目標を持つ方もいます。
しかし、エステ開業をするには、どんな準備が必要なのか知らない方が多いのではないでしょうか?

そこで、エステ開業をしたい方に向けて、開業に必要なものやおすすめの最新エステ機器についてご紹介しましょう。

資格がないとエステは開業できない?

エステ開業は資格がないとできないと思っていませんか?

飲食店など一部の業界は資格がないと開業できませんが、エステ開業は特別な資格は必要ありません。
サービス業なのでエステに関わる技術と接客スキル、接客マナーは取得しておきましょう。

勉強

ただ、美容やエステに関する資格は特別必要ないとはいえ、集客効果としては大きなメリットがあります。
資格があれば提供できるメニューの幅も広がるので、必要だと思ったら取得しておくと良いでしょう。

どこでエステ開業するのか物件を決めるポイント

エステ開業するにあたり、まずはどこで開くかを考えなければなりません。

開けるならどこでもいいと思う方もいらっしゃると思いますが、立地によってターゲット層やサービス内容が変わるため、自分が運営したエステサロンのイメージに合っているかどうかを考えて選ぶ必要があります。

エステサロンは美と癒しを提供する場所なので、内装と外装の清潔感を重視される方は少なくないでしょう。
しかし、それよりも大切なのが開業する地域性と自分がターゲットにしている顧客の層が合っているかどうかです。

顧客

開業する場所によって顧客の年齢層が異なり、そうなるとサービス内容も顧客層に合わせた内容にしなければならず、場合によっては自分の理想と外れてしまう可能性があります。

例えば、都心で会社員をターゲットにする場合は、アクセスの利便性を重視して駅から徒歩5分圏内の立地が理想的でしょう。

車が多いエリアで主婦層を狙うのであれば、買い物をする時に立ち寄りやすいことをコンセプトにスーパーなど商業施設が近くにある住宅街が最適です。
また、車移動を前提とする場合は、2台以上の駐車場が必要となります。

エステ開業に適した物件とは?

どの物件でエステサロンを開くのかは人それぞれですが、具体的にどんな物件があるのでしょうか?
エステ開業で考えられる物件をご紹介します。

自宅

自宅なら新しい場所をわざわざ探して借りる手間がかからないので、早く開業したい方に適しています。
手間がかからない一方、自宅だからこそ気を付けたいポイントもあります。

玄関やエステサロン用の部屋は顧客に生活感が見えない工夫が求められます。

サロン

また、顧客は美容技術だけではなく、癒しも求めているので車や騒音が聞こえない部屋を選択したり、他の家族が自宅にいる場合も考えて生活音が聞こえない工夫をしたりする必要があるでしょう。

他にもリラックスできる空間を実現するためにインテリアこだわり、必要であればリフォームによる改装も良い手段です。

マンションの一室

エステ開業のためにマンションの一室を借りる場合、物件探しから始めます。

適した立地は自分がどんな人をターゲットにしているのか明確にした上で、集客に最適な場所や地域を選択し、エステサロン可賃貸物件を探しましょう。
また、マンションでエステ開業をする時は、店舗として利用することをマンションオーナーに話し、許可をとらなければならないため、事前に不動産屋に伝えておいてください。

マンションの賃貸契約には契約金が必要ですが、家賃4ヶ月分の金額になることもあるので、どのくらいの契約金が必要かどうかも確認した上で、借りることを決めましょう。

出張サービス

営業形態の1つとして、店舗型ではなく出張サービス型もあります。
顧客の自宅や指定先に訪問してサービスを提供する形態なので、営業に必要な物件は不要です。

しかし、サービス提供に使用する機材や化粧品、販売商品などを置くスペースが必要なので、自宅で確保できない場合は別にスペースを探す必要があります。

移動方法にもよりますが、移動のしやすさを配慮した立地が求められるでしょう。

エステ開業に必要なものとは?

エステサロンを開く物件が決まったら、必要な設備や機器を用意しなければなりません。

必要なものは提供したいサービスやお店の規模によってことなるため、まずはどのメニューで提供していくか決めてください。
提供するメニューを決めた上で、必要なものが何か考えて揃えていきましょう。

例えば、マッサージメニューだけのエステサロンであれば、施術用のベッドやマッサージオイル、顧客が使うローブやタオル、シーツが必要です。
マッサージだけではなくトータルエステの場合は、他にも美容顔器や化粧品なども用意しましょう。

全国7,000店舗のエステサロンが取り扱うおすすめ製品はこちら

エステサロンの経営では営業に関わる用品以外にも、顧客とやり取りするための電話やファックス、筆記用具、カレンダーなどの事務用品も欠かせません。

簡単にですが、最低限必要のものをピックアップしたのでご紹介しましょう。

施術用ベッド

ベッド

マッサージやエステ機器を使った施術で使用するベッドです。
メーカーのよって質やカラー、デザインが異なるので、雰囲気に合わせたものを選んだり、妥協せず使い心地の良いものを選んだりしましょう。

エステ機器や化粧品

ボディやフェイシャルなど様々なエステ機器があるので、提供するメニューに応じたエステ機器を用意しましょう。

エステ機器のほとんどはボディ用とフェイス用と分かれており、特徴も異なるので複数台用意する必要がありますが、フォースカッターはボディとフェイスの両方に使えるエステ機器なので、両方使える機器をお探しの方に適しています。

フォースカッターフォースカッターお問合せ

他にもマッサージ用のオイルや美容機器と併用する化粧品、顧客の化粧直し用のクレンジングや基礎化粧、コットンといった化粧品類も用意しましょう。

顧客用の設備

顧客が使うものとしてローブやタオル、シーツ、毛布、ヘアバンドなどが必要です。
何枚も使うので大量に用意する必要があり、衛生面を考えるなら少しコストがかかりますが使い捨てタイプも良いでしょう。

インテリアグッズや家電など

エステサロンの空間作りに小物やカーテンなどインテリアグッズ、施術用品を収納する棚や販売用の商品棚などの家具も欠かせません。

施術まで待機してもらうことを考えて座り心地の良い椅子やソファー、雑誌や漫画を置いた本棚、ウォーターサーバー、子ども連れを想定しておもちゃやテレビ・DVDなども用意しておくと良いでしょう。

営業には直接関係はありませんが、スタッフが裏で飲食ができるように冷蔵庫や電子レンジなどの電化製品があると便利です。
冷蔵庫は冷感タイプの化粧品などを使う時にも活用します。

電話、パソコンなどの通信デバイス

顧客とのやり取りに電話やパソコンが必要になります。
パソコンや携帯は予約などの情報管理だけではなく、集客目的に自店のブログやSNSを投稿、広告作りなどにも活用できます。

開業届と確定申告書

エステサロンを始める場合、開業から1ヶ月以内に開業届を管轄する税務署に提出しなければならないので、忘れないように開業前に出すのが望ましいです。

また、税金の申告では青色申告か白色申告のどちらかを開業後2ヶ月以内に税務署に提出する必要がありますが、提出するなら青色申告がおすすめです。
複式簿記での記入なので白色申告に比べて書類作成に手間がかかりますが、65万円の控除を受けられるメリットがあります。

青色申告

また、赤字だった場合、3年間繰り越し可能なので、もしもの時も安心です。

他にも申告書と一緒に損益計算書、貸借対照表、原価償却費といった計算書を作成し、期限内に提出してください。
なお、計算書は会計ソフトを用いることで簡単に処理と作成が可能なので、準備設備として用意しておくと良いでしょう。

エステ機器選びでエステの明暗が分かれる?

エステ開業するにあたり必要となる設備は非常にたくさんありますが、エステ機器はエステサロンを経営していく上で最も重要な設備です。

サロンでどのような施術をするかによって導入するエステ機器が異なりますが、用途や性能、種類によって価格が大きく変わってくるでしょう。

できるだけ設備投資にお金をかけないよう安いエステ機器を導入しているエステサロンもありますが、価格の安いエステ機器は利益を生む可能性が低く、何かしらデメリットがあるのでよく検討しておくべきです。

ここでは、エステ機器選びのポイントや注意点について紹介していきましょう。

求める機能が備えられているか

最近は家電量販店やインターネットなどでも、自宅で簡単に使える手軽な美容機器が販売されています。

エステサロンで導入するエステ機器は、家庭用機器で対応できない高機能なものを選ばなければ意味がありません。

エステ機器を設置するということは当然、手技ではカバーできないケア方法を行うためなので、目的や期待できる効果や性能などを見極めることが必要になるでしょう。

毎月のランニングコストを考える

エステ機器によっては、ジェルや化粧品などの付属品が必要なものもあります。

エステ機器自体は一度購入すれば長期的に使用できますが、それに付属するものが毎月どれくらい必要になるのかチェックしておくべきです。
1人あたりどれくらいかかるのか、定期的に交換するものがあるのかなどエステ機器メーカーに問い合わせておきましょう。

サイズやデザインが妥当であるか

購入したエステ機器が実際に届いて、あまりの大きさに驚いたというのはよく聞く話です。

最近のエステサロンは店内の雰囲気や内観が損なわれないということも、お客さんにとっては重要なポイントになってきます。
施術スペースに置かれたエステ機器があまりに大きすぎたり、存在感がありすぎてしまうとお客さんが引いてしまうということもあるのではないでしょうか。

事前にエステ機器のサイズを確認することはもちろんですが、お店の中のレイアウト的にスムーズに設置できるかというところもポイントです。

最近はエステ機器の色のバリエーションも豊富になってきているので、お店の雰囲気に合った色・デザイン選びをすることも大きなポイントになるでしょう。

そして、見落としがちなのがエステ機器のパワーの安定感です。

バッテリー式や電池式のタイプは、出張やイベントなどで使用する時の持ち運びに便利ですが、電力のパワーはコンセント式に勝るものはありません。
お店での施術向きになるのは、パワーの安定感のあるコンセント式になります。

エステ機器は価格より機能性を重視

エステサロンの内容に沿った機能を最優先に選ぶことで、長く使えるだけでなく高品質な施術を続けることができます。

格安品と呼ばれるエステ機器が全て悪いとは言いませんが、脆弱な作りになっているため耐久性に問題があることは事実です。
メンテナンス体制が整っていたい分安い価格で提供していますが、万が一故障してしまった時の修理に2ヶ月以上かかった例もあるため、その結果高い買い物になってしまったというパターンも考えられます。

エステ機器はいくら安く購入することができても、施術効果が見られなければ意味がありません。
格安なエステ機器を使い続けても機能性に役立たなければ意味がないでしょう。

知っておきたい最新エステ機器

エステ開業に向けて、新しい機器を導入しようと検討している方は最先端のテクノロジーを駆使した「フォースカッター」というエステ機器をおすすめします。

エステ機器を導入する時、コスト面を心配される方は多いかと思いますが、フォースカッターは一括購入以外に割賦やリースでの申し込みにも対応しているので安心です。
気になる効果の方も1台で4つのエステ機器の役割を担ってくれるので、生み出される効果にも期待できます。

「ラジオ波」による脂肪燃焼効果

ラジオ波は人間の体内にある分子を振動させ、周囲の分子同士が摩擦を引き起こすことでジュール熱というものを発生させます。
フォースカッターでは、1段階ではモノポーラ式を使い、2段階でマルチポーラ式のラジオ波に使い分け、脂肪燃焼効果を促すことができます。

フォースカッタープロについて
当サイトでご紹介している「フォースカッタープロ(ラジオ派機器)」は電波法(総務省所管)が規制する設置許可の必要のない機器です。(46w)

【設置許可不要設備】
通信設備以外の高周波利用設備であって、その高周波エネルギーが50w以下のものと定められています。
総務省 電波利用ホームページはこちら>>

FORCE CUTTER 試験成績書

FORCE CUTTER試験データ成績書②

「EMS」で引き締まった体に

EMSとは筋肉に電気刺激を与えることによって、運動神経を刺激し筋肉の緊張と緩和が繰り返し行われます。

この動きを繰り返すことによって、基礎代謝量が向上し脂肪燃焼・新陳代謝を高まらせることができるのです。
辛い筋トレをしなくても、引き締まった美しい体を目指すことができます。

見た目の変化が望める「吸引」

吸引とは、不要な筋肉や脂肪を掃除機のように吸い込んだり、揉みほぐすトリートメント方法のことを言います。

凝り固まってしまったセルライトにも効果があり、吸引によって溶けだした中性脂肪をリンパに促す働きも持っています。
吸引によってボディラインをスッキリさせることができ、見た目にも大きく反映されることでしょう。

2つの特性を持つ「LED」

フォースカッターのLEDには、赤色LEDと黄色LEDがあります。

赤色LEDは、細胞内にあるミトコンドリアにアプローチし、細胞の活性化を促す働きを持っています。
黄色LEDは、細胞を修復させ機能を活性化させてくれる効果があります。

この2つのLEDを組み合わることによって、ハリ・シワの改善、キメを整えるなどの美肌効果が得られるでしょう。

このようにフォースカッターは、1台の中にいくつもの機能が搭載されているので、機器ごとに使い方を覚えたりリスクを知る必要がありません。
痩身から美容まで幅広いコースにも対応しており、全て1台で施術をこなすことにより1回の施術時間の短縮も図れます。

このようなメリットは、複数の機能性を備えているフォースカッターならではの魅力です。
最先端技術を搭載したフォースカッターを自身のサロンに導入されてみてはいかがでしょうか。

フォースカッターお問合せ